2006年11月 1日 (水)

北鎌倉匠の市で東庄町の紅吾妻、味噌を参考出品

_008_1  このほど、わが故郷(千葉県香取郡東庄町)から、秋の味覚「サツマイモ」が相次いで届いた。実家とレヴィンの遺族からで、サツマイモの種類はいずれも下総台地産の紅吾妻だ。ほくほくしている。甘くて、すごく美味しい。両者に味の甲乙はつけがたい

 レヴィンの遺族は、味噌も送ってくれた。この味噌の材料は、東庄町のコシヒカリと、香取郡大栄町産(市町村合併により、現在は成田市)の大豆と塩のみ。添加物は一切使用していない。故郷で開催されるイベントの際に、参考出品しているという。

 5月と6月に、東庄町北鎌倉で連続してレヴィン追悼コンサートを開催した。故郷も今住んでいる北鎌倉も活性化してほしい。そこで、考えた。このサツマイモと味噌を使って、11月3、4日に開催される北鎌倉匠の市で、わが故郷の下総台地を紹介しよう!「北鎌倉の恵み」シリーズに、新たに加えればいい。

 毎回参考出品している千葉市の田吾作煎餅のお煎餅も、故郷の隣町の小見川町(こちらも市町村合併により、現在は香取市)のお醤油屋さんの醤油を使っている。サツマイモはスイートポテトにして、出品するつもりだ。 それに現物も少々。彩りを添えるために、北鎌倉をイメージした手作りのズタ袋やエコバックなども参考出品する予定だ。こちらの材料は、鎌倉の生地屋さんのものを使用する。

 匠の市の開催時期は、北鎌倉の秋の風物詩の建長寺円覚寺の風入れに重なる。かなりの人出が予想される。果たしてどんな、反応があるか。楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

田子作煎餅(田子作本舗)

 吟味した銘柄米と、千葉県産の天然醤油を主原料に、昔ながらの製法に独自の工夫を加え、炭火の上で一枚一枚焼き上げた手焼きせんべいである。記憶の中に存在する遠い故郷を思い出させる、昔懐かしい味がする。私はお中元やお歳暮、お土産として使っている。

 長島 良之助 社長と四男の豊さんは、北鎌倉をこよなく愛している。このため、私が代表をしている北鎌倉湧水ネットワークの活動を理解し、「田子作本舗」は、北鎌倉の風物詩となった毎年春と秋に開催される北鎌倉匠の市(主催:北鎌倉まちづくり協議会)に「田子作煎餅」出品している。

有限会社田子作本舗       
代表者  代表取締役社長 長島 良之助senbei201
所在地 261-0021千葉市中央区新宿1-20-5白幡神社際
TEL 043-241-4638
 FAX 043-244-2416
営業時間 9:00 19:00 定休日 第2、3日曜
E-Mail info@osenbei.co.jp
HOMEPAGE http://www.osenbei.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月21日 (日)

田舎づくり万才漬(大橋商店)

_001 この夏、故郷の知人から、嬉しい贈り物が届いた。干潟八万石の特産品「田舎づくり万才漬」だ。製造販売は、香取郡干潟町万才の大橋商店(電話:0479-68-2410 FAX:0479-68-4668)。

 人工着色、人工甘味、保存料は一切使っていない。昔ながらの製造方法を基本にしている。しゃっきとした塩辛い食感で、食欲のなくなる夏の暑い時期にはありがたいお漬物だ。

 千葉県の特産品は醬油。「田舎づくり万才漬」に使用される醬油は、「150余年の歴史を誇る仕込み桶にて1年もの長い時間をかけてゆっくりと熟成された醬油を使用している」とリーフレットに記載されている。美味しいわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)