2008年12月14日 (日)

「無名人からの伝言」は中国へも伝播

Photo  去る10月、「両総用水の先覚者の記録 十枝雄三日記」編集員の鈴木茂さん(千葉県山武郡大網白里町在住)から、「両総用水を拓いた先覚者十枝翁胸像建立を記念して」というタイトルの小冊子と丁寧な手紙が届いた。「無名人からの伝言―大利根用水に賭けた野口初太郎不屈の人生―」の主人公、野口初太郎は「大利根用水の父」と言われているが、十枝雄三氏も「両総用水の父」と言っていいだろう。

*「無名人からの伝言―大利根用水に賭けた野口初太郎不屈の人生―」(http://kitakamayu.exblog.jp/9153025/)

*両総用水の先覚者の記録 十枝雄三日記(http://kitakamayu.exblog.jp/5889644)

 十枝翁胸像建立は、十枝氏の偉業をたたえるために、両総土地改良区のメンバーや地元住民でつくる「十枝雄三翁胸像建設委員会」が企画し、2006年8月から募金活動を開始し、募金総額は340万8000円に達した。2007年2月13日、大網白里町北吉田の「十枝の森」で、十枝翁の胸像建設工事が完了した。建設委員会は同年3月24日、胸像除幕式と落成式を行った。

 両総用水にも関係した初太郎によれば「大利根用水は両総用排水の父たる兄たるもの」。わたしは初太郎の行動原理を「亡己利他」と表現した。「十枝雄三日記」の編集員は、十枝翁のそれを「愛人利物之謂仁」と見た。不思議なことに、胸像建設の動きは、わたしが「無名人からの伝言―大利根用水に賭けた野口初太郎不屈の人生―」の執筆に向け、取材を続けていた時期と重なる。

 鈴木さんの手紙には大利根用水と両総用水、中国の灌漑用水「詔山銀河」の関係が書かれていた。

「…大利根用水については『十枝雄三日記』に取り組む時に知りました。昭和7年、千葉県知事に就任した岡田文秀氏の自伝に、昭和8年の大干魃に干潟一帯を視察し、この事業計画を推進することになったとありました。両総用水の先達がここにあったのかと気付いた次第です。(略) 77年に中国の人民公社を視察する機会を得、毛沢東の生家を訪ねながら詔山市を通過するとき、詔山銀河と名付けられた灌漑用水に案内されました。案内の工作員は日本農業視察団(王震団長、孫平化秘書長)が日本の両総用水を見て、華国鋒主席に報告し、主席が陣頭指揮でこの用水建設に当たったと説明しました…」

 わたしは大利根用水→両総用水→愛知用水という国内での図式でしか考えが及ばなかった。しかし、初太郎の遺産には大利根用水→両総用水→詔山銀河という海外への展開という図式もあったのだ。「無名人からの伝言」を書き上げることができて本当に良かったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

より故郷を理解するために:推薦本

「団塊世代よ、帰りなん、いざ故郷へ!―セカンドライフの一つの選択肢―」(夢工房)

東京女学館大学の西山昭彦・国際教養学部教授絶賛!
 この本こそ、あと3年で定年になる団塊の世代の生きる「教科書」である。野口さんが、これまで必死に追求し、ついに見つけた生き方とは。人は最後どこへ向かっていくのかがわかる書。

詩集「レヴィンの系譜-時間(とき)のとまった26歳の青春-(夢工房)

詩人・城戸朱理氏推薦!
 これはピュアな想いが、そのまま言葉(リリック)になったもの。世界や社会への反抗(プロテスト)ではなく、見知らぬ誰かに手を差しのべるように―。
 やさしく、ナイーヴな魂が、ここには柔らかく息づいている。その「強さ」だけは、誰にも奪うことはできない。

【千葉氏探訪ー房総を駆け抜けた武士たち】(*著者:鈴木 佐/監修:千葉氏顕彰会*千葉日報社編集局 出版年月: 2002.3.15  本体価格: \2300 )

* <ワン・チョット>
 関東武士の血は全国に広がり、私のルーツは千葉氏と戦っていたんだ!

 友人を介して著者の鈴木さんからこの本をいただいたのは、すでに半年くらい前。日本の中世武家社会にそれほど興味がなかったため、積読状態になっていた。(鈴木さん、ごめん!)

 最近読み始めたきっかけは、「武士道」を表した新渡戸稲造が千葉氏の末裔であることを知ったことから。さらに、大河ドラマ「新選組!」のなかで、幕末江戸の剣術流派の名前がよくでてくるが、中でも一番大きい北辰一刀流の開祖も名前の通り、千葉氏だったらしい。とか、剣術道場の床の間にかけてある「香取大明神」の条幅の香取神宮も千葉氏の、武士の信仰の対象であったなど、幕末明治の歴史の流れの中に千葉氏の影が、あちこちに現れて、急激に興味をそそられてきた。
いまさらだが、千葉県、千葉市の県市名の由来も、千葉氏発祥の土地ということらしい。

とにかく、この1冊で、鎌倉時代の東武士や豪族集団が、いかにして他の地域とつながり、滅ぼし、東西南北にひろがっていくかが、手に取るようにわかってくる。
同時に、千葉氏の宗教としての妙見(北極星)信仰についても、たいへん分かりやすく書かれている。この本の中で、私が最も興味深く読んだ部分が、この妙見信仰の部分である。

堂々とした本なので、作者も年を重ねた在野の研究者と思いきや、鈴木氏は30歳代のサラリーマンらしい。
千葉氏について、調べ始めたきっかけは、おそらく自分のルーツをたどるというものか、郷土の歴史に興味をもったか、という、ごく普通のきっかけではないだろうか。だれもが、一度は興味をもつ平凡な理由であるが、そこから、これだけの内容を調査研究していったエネルギーが興味深い。
いまも、千葉氏や中世武家社会の探訪に精力的に行動されている鈴木氏の活動を探訪してみたいという興味をかきたてられる。
鈴木氏による、千葉氏探訪は、この本で完結していないようだ。まだまだ、探訪途中。今後、どのような方向にひろがっていくのだろうか?
鈴木さん、、ゴールデンウイークは、どこにフィールドワークにでかけるのかな?

本誌の主な内容
第1部=房総を駆け抜けた武士たち
●頼朝血気、馳せ参じた房総の諸将
●鎌倉幕府を支えた千葉一族
●九州・美濃・奥州の千葉一族
●戦国の騒乱と千葉氏の滅亡
●行き続けた千葉一族と家臣団
第2部=妙見さまを訪ねて
下総国千葉郷妙見寺大縁起絵巻
●戦勝と団結の精神的な支え
●千葉氏の仏教信仰と芸術文化
●房総各地に残る千葉一族の足跡
●全国各地にも千葉氏の足跡
千葉氏一族系図・年表

◆男のブック倶楽部(オリジナル原稿)より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)