2008年4月19日 (土)

盧佳世ライブin東庄vol.3(5・11)

盧佳世ライブin東庄vol.3~レヴィンとヒデクニからの伝言~

80511  2007年10月20日、別府市中央公民館で開催された「感動の詩(うた)をかたちに!2007 盧佳世・森進一郎コンサート」に、主催者の依頼によって次のようなメッセージを寄せた。

先駆的な活動に敬意
 同郷の無名の詩人、レヴィンこと高木昌宣さんの代表作「かたち」が本日、歴史ある別府市中央公民館で、二人のアーティストによって歌われることに、深い感動と大きな喜びを覚えています。団塊世代の重要な役割は、地域に根ざした文化や歴史などの大切な宝物を後世に伝えていくことだと思います。今回のネット発の画期的な地域間文化交流の試みは、まさにその実践です。大分の皆さまの先駆的な活動に敬意を表します。必ずや同じ志を持った日本各地の団塊世代へ熱きメッセージとして伝わり、大きな勇気を与えることでしょう。来春、わが故郷で開催予定のレヴィン文化財プロジェクトで、大分の皆さまとの再会を祈念してやみません。
                            北鎌倉湧水ネットワーク代表 野口 稔

 このメッセージは単なる夢ではなく、現実のものとなった。5月11日(日)、東庄町公民館大ホールで「盧佳世ライブin東庄vol.3~レヴィンとヒデクニからの伝言~」が開催される。ゲスト出演の森進一郎さんはギタ-の田原保志氏を伴い、5月10日(土)に大分を出発、この日は都内に宿泊し、コンサート当日の午前中に東庄町に入る。ヒデクニさんの遺族と岸ママは5月10日(土)に東庄町に到着する。

盧佳世ライブin東庄vol.3~レヴィンとヒデクニからの伝言~

日 時 平成20年5月11日(日)午後1時30分開場 2時開演

会 場 東庄町公民館大ホール (収容400人)

出演者 
     盧佳世、矢野敏広(ギター)、芹澤薫樹(ベース)
     森進一郎(ゲスト出演)

入場料 2000円

主 催 レヴィン文化財プロジェクト実行委員会

後 援 東庄町 東庄町教育委員会 東庄町商工会 音色の会 (有)湘南音響

企画の趣旨 
 交通事故に巻き込まれ逝去した青年(笹川 高木昌宣さん)の遺稿(詩・エッセイ)が詩集「レヴィンの系譜」として世にでた。この詩集に感銘を受けた歌手、盧佳世さんが曲を提供してくれた。小さいが、地域に生まれた一つの文化の芽としてとらえ、大切にしていきたい。平成18年に公民館大ホールで、平成19年に役場多目的ホールで、盧佳世さんのコンサートを開催し、成功を収めている。また、昨年からレヴィンの詩に共感した大分県の人たちとの交流も始まった。今回は、大分で活躍する歌手森進一郎さんをゲストに迎え、東庄町で3回目のコンサートを開催する。協力の輪を広げ、多くの人がこのコンサートに関わることで、一つの賑わい(活性)を生むとともに、交通事故撲滅のメッセージとなるようにしたい。

盧佳世(の・かよ)
 川崎市出身。歌手。2005年、1stアルバム「マウム~こころ~」をリリース。このアルバムに収録された「かたち」「悲しみの雨の中で」は、高木昌宣さんが作詞者。「レヴィン追悼コンサートin東庄」では、高木さんが作詞した新曲「蒼い空」を初披露、聴衆に大きな感動を与えた。 “夢”をあきらめずに“希望”を持ち続ける”勇気”、そして、“マウム”(こころ)を伝えることをモットーに音楽活動を展開中である。

矢野敏広(やの・としひろ、Guitar)
 北海道出身。ギタリスト。中学時代にフォークソングの洗礼を受け、高校卒業後上京、ライブハウスを中心に活動を始める。現在、李政美、趙博のギタリスト・マンドリン奏者として、日本各地、韓国でのライブ活動を行う。
 日本Jazz界伝説のギタリスト、高柳昌行にギターを師事した経歴を持ち、確かな技術と幅広いジャンルをこなす柔軟性を持ち合わせる。
 「レヴィン追悼コンサートin東庄」に出演。

芹澤薫樹(shigeki SELIzawa、Bass)
 1975年静岡県生まれ。ベーシスト。幼少よりピアノを習う。高校時代は吹奏楽部でパーカッションを担当。大学在学中から、サークル活動と並行してプロ活動を開始。
 卒業後はウッドベース、エレクトリックベースをシュアーに弾きこなすベーシストとして、アーティストサポート、ライブ、レコーディング、ミュージカルなど幅広く活動している。
 「レヴィン追悼コンサートin東庄」に出演。

森進一郎(もり・しんいちろう)
 初代 南こうせつとかぐや姫メンバーの一人。2006年6月、銀行を早期退職。大分市にライブハウス「府内フォーク村・十三夜」を開店し永年の夢だった日々、音楽と向き合ったセカンドライフを送り、DEAR FRIENDS」の仲間たちとも演奏活動を続けている。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年4月29日 (日)

レヴィン文化財プロジェクト・文化の里・東庄の魅力を再発見

2007・レヴィン文化財プロジェクト「シンポジウム&コンサート」

水の里 風ロマン~文化の里・東庄の魅力を再発見~
日 時  2007年5月13日(日)(13:30~16:30)
場 所  東庄町役場 多目的ホール(東庄町笹川い4713番地の11)
主 催  風ロマン100人コンサート実行委員会
入場料  1000円(入場は先着100名様まで)
問合せ先 0478-86-6082(向後)

プログラム
13:30~13:50
▽講演「東庄町の文化と歴史」(岩田利雄・東庄町長)

13:50~14:50 
▽シンポジウム「レヴィンが伝えたかったこと」
【パネリスト】 
片桐務「夢工房」代表
盧佳世さん(歌手)
鈴木壮夫「音色の会」会長 

【コーディネーター】 
野口稔「北鎌倉湧水ネットワーク」代表

15:00~16:30 
▽コンサート「盧佳世と一緒にレヴィンを歌おう!」
【演奏者】
盧佳世(Vo)
矢野敏広 (Guitar) 
芹澤薫樹 (Bass) 
コーラス響

■出演者プロフィール
片桐務(かたぎり・つとむ)
 1950年、新潟県長岡市生まれ。地域出版社「夢工房」(神奈川県秦野市)代表。自然塾丹沢ドン会専務理事。大手出版社で本づくりのノウハウを学び、1988年に地域出版社「夢工房」を設立。
 一生活者として地域再生運動に取り組みながら、自然との関わりの中で農的な暮らし方・生き方を模索中。レヴィンこと高木昌宣さんの命日の2005年5月2日に、詩集「レヴィンの系譜」を「夢工房」から出版。


鈴木壮夫(すずき・たけお)
 1953年、香取郡小見川町(現香取市)生まれ。公務員。地元の音楽愛好家の集まりである「音色の会」会長。音色の会は「レヴィン追悼コンサートin東庄」(2006年)にライブ出演するとともに、これまでに何度かコンサートを開催してきたノウハウを遺憾なく発揮し、この追悼コンサート成功に向けて「縁の下の力持ち」的な役割を果たした。
 「レヴィン交通事故に遭遇」の遺族への第一通報者でもある。



野口稔(のぐち・みのる)
 1948年、香取郡東庄町谷津生まれ。橘小・中学校卒、千葉県立佐原高校卒、一橋大学経済学部卒。1972年共同通信社入社、現在、メディア局編集部担当部長。任意団体「北鎌倉湧水ネットワーク」代表。
 高木さんの遺族の要請を受けて、詩集「レヴィンの系譜」の出版に協力した。著書に「北鎌倉発 ナショナル・トラストの風」「団塊世代よ、帰りなん、いざ故郷へ!」(いずれも夢工房から出版)。


盧佳世(の・かよ)
 川崎市出身。歌手。2005年、1stアルバム「マウム~こころ~」をリリース。このアルバムに収録された「かたち」「悲しみの雨の中で」は、高木昌宣さんが作詞者。「レヴィン追悼コンサートin東庄」では、高木さんが作詞した新曲「蒼い空」を初披露、聴衆に大きな感動を与えた。 “夢”をあきらめずに“希望”を持ち続ける”勇気”、そして、“マウム”(こころ)を伝えることをモットーに音楽活動を展開中である。


矢野敏広(やのとしひろ、Guitar)
 北海道出身。ギタリスト。中学時代にフォークソングの洗礼を受け、高校卒業後上京、ライブハウスを中心に活動を始める。現在、李政美、趙博のギタリスト・マンドリン奏者として、日本各地、韓国でのライブ活動を行う。
 日本Jazz界伝説のギタリスト、高柳昌行にギターを師事した経歴を持ち、確かな技術と幅広いジャンルをこなす柔軟性を持ち合わせる。
 「レヴィン追悼コンサートin東庄」に出演。


芹澤薫樹(shigeki SELIzawa、Bass)
 1975年静岡県生まれ。ベーシスト。幼少よりピアノを習う。高校時代は吹奏楽部でパーカッションを担当。大学在学中から、サークル活動と並行してプロ活動を開始。
 卒業後はウッドベース、エレクトリックベースをシュアーに弾きこなすベーシストとして、アーティストサポート、ライブ、レコーディング、ミュージカルなど幅広く活動している。
 「レヴィン追悼コンサートin東庄」に出演。
*レヴィン追悼コンサートin東庄、佐藤宗之以来の大盛況!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

「広報とうのしょう」レヴィン追悼コンサートを大特集

Photo 「広報とうのしょう 2006年7月号」(最新号)が、3ページにわたって「レヴィン追悼コンサートin東庄」を大特集している。レヴィン追悼コンサートin東庄の実行委員会のメンバーが、北鎌倉の自宅に最新号を郵送してくれた。詩集・レヴィンの系譜を東庄町の文化財に育てよう、との呼びかけに故郷のみなさんが、賛同していただいた「証」だと、受け止めたい。心強くもあり、ありがたい。

レヴィン追悼コンサートin東庄佐藤宗之以来の大盛況

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

渾身レヴィン追悼コンサート!盧佳世の祈り

渾身レヴィン追悼コンサート!盧佳世の祈り

―故郷再生と交通事故撲滅の願いを込めて― Photo_2

■レヴィン追悼コンサートin東庄

日 時 5月20日(土) 18:30~20:50(開場18:00)

場 所 東庄町公民館(千葉県香取郡東庄町笹川い4713—11)

入場料 2000円

プログラム

・東庄町長あいさつ 18:30~18:35           

・全国交通事故遺族の会会長あいさつ 18:35~18:40      

・「レヴィンの系譜誕生秘話と今後の展開」 野口稔 18:40~19:00

・音色の会ライブ  19:00~19:30  (休憩) 19:30~19:40                  

・詩の朗読     19:40~19:45  

・盧佳世ライブ 19:45~20:45               

・レヴィンの遺族代表お礼の言葉 20:45~20:50

主 催 レヴィン追悼コンサートin東庄・実行委員会

後 援 千葉県、千葉県教育委員会、東庄町、東庄町教育委員会、東庄町商工会、音色の会、全国交通事故遺族の会、NHK千葉放送局、読売新聞社成田支局、朝日新聞社千葉総局、毎日新聞社成田支局、産経新聞社千葉総局、千葉日報社、常総新聞社、北鎌倉湧水ネットワーク、建長寺、NPO法人・JUON(樹恩) NETWORK、NPO法人・自然塾丹沢ドン会、NPO法人・緑のダム北相模、インターネット新聞JANJAN、夢工房、横浜ビール、サラリーマンスタイル・ドット・コム

●前売り券等のお問い合わせ窓口 東庄町公民館 電話0478-86-1221

■レヴィン追悼コンサートin建長寺

日 時 6月10日(土) 12:30~14:00(開場正午)

場 所 建長寺方丈(神奈川県鎌倉市、JR横須賀線北鎌倉駅、鎌倉駅より徒歩15分、http://www.kenchoji.com/

入場料 2000円

プログラム

・主催者挨拶(野口 稔・北鎌倉湧水ネットワーク代表) 12:30~12:40

・レヴィンの遺族代表挨拶 12:40~12:50

・盧佳世ライブ 12:50~13:50 

主 催 北鎌倉湧水ネットワーク(http://www.kitakama-yusui.net/

後 援 神奈川県教育委員会、鎌倉市、建長寺、北鎌倉まちづくり協議会、レヴィン追悼コンサートin東庄・実行委員会、音色の会、全国交通事故遺族の会、NPO法人・JUON(樹恩) NETWORK、NPO法人・自然塾丹沢ドン会、NPO法人・緑のダム北相模、NHK横浜放送局、tvk(テレビ神奈川)、鎌倉CATV、神奈川新聞社、インターネット新聞JANJAN、夢工房、横浜ビール、サラリーマンスタイル・ドット・コム

●前売り券等のお問い合わせ窓口  TEL&FAX 0467-41-1817、0467-22-4693 Eメール YHR00327@nifty.ne.jp、saitoh76@mte.biglobe.ne.jp (建長寺入り口で入場券を提示すれば、拝観料300円は不要です)

レヴィン追悼コンサートの狙いと出演者プロフィール Photo_1

■「レヴィンの系譜」を故郷の文化財に!2003年5月2日朝、前途有為な若者が輪禍によって、志半ばにしてこの世を去りました。若者の名は千葉県香取郡東庄町笹川の高木昌宣さん。享年26歳。自家用車で出社途中、無謀運転の大型トレーラーの下敷きになり、全身を圧迫され、間もなく死亡したのです。生前、昌宣さんは、自らのホームページに 「レヴィン」というペンネームで恋、家族、友達、生きがいなどをテーマにした150編におよぶ詩やエッセイを掲載し続けていました。詩集「レヴィンの系譜」は、この遺作をレヴィンの系譜1 僕は君の月に… 」と「レヴィンの系譜2 僕がたしかにそこに在たこと 」の2冊の本にまとめ、自費出版したものです。   詩集「レヴィンの系譜」には、勇気や希望を与えるメッセージがぎっしり、詰まっています。詩集「レヴィンの系譜」の存在をもっと多くの人々に知ってほしい、さらに、「レヴィン」の生まれ育った東庄町の文化財として根付き、地域発展の精神的基盤の役割を果たしてほしいと考え、レヴィン追悼コンサートを企画しました。

*「レヴィンの系譜」は市販もしています。「レヴィンの系譜1 僕は君の月に… 」 (発行:夢工房 定価:本体1500円+税)「レヴィンの系譜2 僕がたしかにそこに在たこと」 (発行:夢工房 定価:本体2000円+税)購入方法は夢工房(http://www.yumekoubou-t.com/)まで。送料は無料。

●メール:yumekoubou-t@nifty.com

●FAX:0463-83-7355 ●TEL:0463-82-7652で

■出演者プロフィール

盧佳世(のかよ) 神奈川県川崎市出身。日本国籍に生まれるが、自分のルーツを隠さずに生きていきたいとの思いから、両親(父一世、母二世)の祖国である「Korea」の姓“盧”を名乗り始め、1995年、裁判により戸籍名として取得する。在日koreanソプラノ歌手、田月仙(チョン・ウォルソン)の指導のもと、korea歌曲を中心に歌う「東京セパラム合唱団」で歌い始める。2003年、友人達とアカペラ・ゴスペルライブを企画・出演したことをきっかけに、ソロ歌手としての活動をはじめる。  レパートリーはオリジナル曲を中心に、korea民謡、フォーク、ジャズ、ボサノバなどジャンルを越え多岐にわたる。現在全国各地でライブや各種イベントなどに出演し、(岡本光平書画展、多文化共生フェスティバル、李政美チャリティコンサート、団塊サミット、丹沢シンポジウム、市川市男女共同参画トーク&ライブ、北鎌倉・匠の市コンサート‥‥etc)2005年11月に1stアルバム「マウム~こころ~」をリリース。鎌倉とは所縁が深く、アルバムに収録された「おみ九字」「かたち」「悲しみの雨の中で」は、北鎌倉匠の市が縁となり生まれた曲。建長寺で開催された「第1回団塊サミット」(2004年12月)、「第2回団塊サミットin岐阜」(2005年11月)に連続出演。“夢”をあきらめずに“希望”を持ち続ける”勇気”、そして、“マウム”(こころ)を伝えることをモットーに音楽活動を展開中である。

*盧佳世公式サイト http://www.k3.dion.ne.jp/~nonohana/

矢野敏広(やのとしひろ、Guitar)  ギタリスト。中学時代にフォークソングの洗礼を受け、高校卒業後上京、ライブハウスを中心に活動を始める。1980年、朴保(パクポオ)&切狂言(きりきょうげん)に参加。10年のブランクを経て、1992年より活動を再開。 現在、李政美、趙博のギタリスト・マンドリン奏者として、日本各地、韓国でのライブ活動を行う。近年は、マンドリンで佐藤行衛(G)八木橋司(a.sax、音響自動書記)等と即興演奏も始める。日本Jazz界伝説のギタリスト、高柳昌行にギターを師事した経歴を持ち、確かな技術と幅広いジャンルをこなす柔軟性を持ち合わせる。日本の即興シーンでマンドリン奏者は非常に珍しく注目を集めている。北海道出身。(レヴィン追悼コンサートin東庄:5月20日)

芹澤薫樹(shigeki SELIzawa、Bass) 1975年静岡県生まれ。幼少よりピアノを習う。高校時代は吹奏楽部でパーカッションを担当。部内に選抜のジャズ・ビッグ・バンドがあったことからジャズに興味を持つ。 大学入学後ジャズ・ビッグ・バンドのサークルにてベースを始める。大学在学中から、サークル活動と平行してプロ活動を開始、このころbayakaと知り合い数年にわたりサポート・メンバーとして作編曲にも携わったことがその後の多ジャンルにわたる活動へのきっかけとなる。 卒業後はウッドベース、エレクトリックベースをシュアーに弾きこなすベーシストとして、アーティストサポート、ライブ、レコーディング、ミュージカルなど幅広く活動する。

*芹澤薫樹公式サイト http://urawa.cool.ne.jp/seli/ (レヴィン追悼コンサートin東庄:5月20日)

HALMA GEN (春間げん、Piano)  ピアノ、キーボード、アコーディオン、作曲、編曲 北海道札幌市出身 東京在住 (敬称略) ▽78年 ベーシスト(現在“秦琴”奏者)深草アキに出会い、和風ロックバンド『観世音』を結成。数々の演劇、映画などの音楽を手がける。 ▽81年 手話劇『異説酒呑童子』でハンガリー及び日本国内20都市の公演に参加。 ▽86年 『TOM★CAT』後期メンバーとして加入。 ▽95年 深草アキ氏の作曲によるNHKドラマ「蔵」の音楽制作に編曲と演奏の両面から参加。 ▽97年 薩摩琵琶ユニット、『ビカム』で活動開始。他に在日韓国人歌手李政美のサポートメンバーとしても活動。初アルバム「わたしはうたう」に参加。 ▽00年 初のピアノソロアルバム『9TALES』、日本の歌をテクノでアレンジした『電脳節』を同時発表。 ▽01年 みずからのユニット『HALMANIA』を渡辺ゆか(Per)と結成。新田昌弘(津軽三味線)の初アルバム「SOU・・奏」(キングレコード)、趙博のアルバム「光のエチュード」、おーまきちまきのアルバム「月をみてる」、李政美のアルバム「オギヤディヤ」に参加。 ▽02年 津軽三味線デュオ『あんみ通』と共演、津軽三味線新田昌弘のアルバム「優喜」をサウンドプロデュース。 ▽03年 人形アニメーターの真賀里文子の作品「ミスビードル号の大冒険」をサウンドプロデュース。 ▽04年 NPO2050主催の春の小川朗読コンサートに参加。新田昌弘、三線の與那覇徹のコラボアルバム『匠』にてアレンジ、プレイヤー、ライブメンバーとして参加。深草アキ、沢田美紀のシングル「風のことづて」にアレンジで参加。李政美のツアーとRECORDINGでサポート。趙博の年末のツアーで中山千夏と『おんな組』にて共演。『ビカム』で沖縄で、新良幸人、志田真木らと沖縄音楽、舞踊とのコラボに参加。 ▽05年1月、中山千夏のレコーディングに参加。7月、盧佳世の新譜レコーディングに参加。趙博のをんな唄ツアーで東京、大阪、名古屋ツアー。9月李政美と韓国イムジン閣でイベント出演。ヒューマンエイジ研究所のリラクゼーションCDの音楽を担当。12月、趙博の唄うキネマ『砂の器』にピアノで出演。  ▽4月、趙博の歌うキネマ『砂の器』でピアノで関西ツアー。おーまきちまきと関西でライブ。 ▽5月、盧佳世の東庄町コンサートに出演。 ▽6月、趙博と東京で砂の器の公演予定、札幌でのライブ参加予定。

*Halma Gen 公式サイト http://www.harappa-net.com/halma/ (レヴィン追悼コンサートin東庄:5月20日)

Norman (Guitar)  森田童子・中島みゆき・河島英五・あのねのね・加藤登紀子・武田鉄矢・三浦 久と数々のアーチストのレコーディング&コンサートツアーに参加して来た。アコースティック&エレクトリック共に、歌を生かす、感性溢れるプレイには定評がある。 現在はギター&マンドリンの仕事を中心に、またNormanS、YUZO & ZOVAN、PIXYS、BLUES UPの4つのLIVE BANDでも活躍中。フォークシンガーとしての原点に戻る活動も精力的に行っている。また、アコースティック・ソロ曲のアレンジ、そして後進の指導にも意欲的である。本名:野間義男。1950年生まれ。虎年。牡牛座・血液型B。酒と旅が好き。関西、特に京都が大好きな江戸っ子??

*Norman公式サイト http://www.kamonegi.com/~norman/ (レヴィン追悼コンサートin建長寺:6月10日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

船橋市中部地区公民館合同事業「団塊の世代へのメッセージ」~これからも青春!ガキ大将集まれ~

11 来る2005年11月26日に、船橋市の高根台公民館で、船橋市中部地区公民館合同事業「団塊の世代へのメッセージ」~これからも青春!ガキ大将集まれ~で講演を行います。演題は「団塊の世代よ、帰りなん、いざ故郷へ!」です。

2007年問題にご興味をお持ちの方々が、船橋市あるいは同市周辺に、いらっしゃいましたら、お声かけ頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

11_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

東大社流鏑馬祭(10月20日)

_027 ■2005・10・20 東大社流鏑馬祭

 流鏑馬祭は、約900年前の康和年間から始まったと伝えられています。現在は、馬上から的を射るのではなく、騎射装束を着けた神職が社前の庭上から射て居ります。東大社の御祭神は神武天皇の御母上玉依姫命ですが、古来、農業、漁業の守り神、又授子、安産の神との信仰があるところから、この矢を拾うと縁起が良いといわれ、境内は大賑わいと成ります。東庄町HPより転載

| | コメント (0) | トラックバック (2)